f:id:morimika:20121027085432j:plain

幼稚園のころ
私はちびで一番前でした。
遠足に行くとき
先生がいつも前の人から

一番後ろの一番奥に入れていたので
小さい私は息苦しくて
いつも気分が悪くなっていました。

あるとき母がずけずけと
バスの中に上がって来て
どうしてこんな小さい子を
こんな奥に押し込めるんだ、
だからいつも酔うんでしょ
と私の席を一番前に変えさせました。
確かに私はそれで救われました。
そしてそれ以来
一番前に座らせてもらえるようになりました。

その後だったのか前だったのか
よく覚えていませんが
先生がしばらくお休みされたのを覚えています。
優しい先生でしたが新人さんで
時々行き届かないことがあり
自分は「先生」に向いてないんじゃないか?
と悩まれたようでした。
結局私たちが
最初で最後の教え子になりました。


ちょっとのことで飛躍的によくなることがある。

ちょっとのことだって伝えないと始まらない。

ちょっとのことだからデリケートだったりもする。


全部大事にしていきたいですね。