東直己が面白いのでもりもりと読む。薄野の便利屋が主人公の話で、これまた面白い。ハードボイルドがハードボイルドたる「弱者への視線」と「強者への視線」が両方キッチリと貫かれておりたまらない出来でした。基本的な文章の運びもさすが。次も読もう。