緊急G痢速報

2017/11/12

今日は体重の重そうな駅員を見ました

ぽっちゃりとした全身が

綺麗な皮膚に覆われていました

そしてお客さんに囲まれて 和やかな笑顔を 見せていました

福の神みたいな笑顔が とても美しくて まるで貴公子みたいな 優しげな ぽっちゃりした 駅員 おばあちゃんに お子様に 愛されっぱなし 太陽のよう 暖房のよう・・・ああ 最近 「テザリング」という用語を覚えたが ぽっちゃり駅員は 温度を 愛を 優しさを 人に分け与える 慈愛の太陽のよう・・・・いや これはテザリングとなんの関係もないな・・・・

ああ

わたしはいつから ぽっちゃりした人を愛するようになったんだろう・・・・

スリムな方も もちろん 美しいけれど

寒い夜 一緒に 一組の布団に入らなくてはいけない場面が あるとしたら ぽっちゃりとした 温度の高い人が いい・・・・・

はっ もしや

と 

二度見すると

その駅員さんは

半袖シャツ でした!

さすがTQだなあ・・・・

これがJRなら この季節に半袖シャツというわけに いくまい・・・・

一足早い 夏のきざしを 

駅員のナマ腕に みたような 気がしました

そして散歩などしておりました。

さんぽ、さんぽ、バス停をみつけ、それに乗ってみようかなあと思ったとき・・・なぜか急に腹部に違和感を感じました。

緊急G震速報・・・・

G痢のエキスパートであるわたしには、わかりました、これは、近いうちに、数分のうちに、必ず、来る、と・・・。

そこで、近くにある駅に行こうと思い、歩き始めました。

なかなか進行の速いG痢のようで、おなかに大きな棒を差し込まれているような気分でした、そのようなキツイ中にも、少し波があり、ああ収まった、と思いきや、ああやばい、を、わずか数秒のうちに繰り返し・・・そして、あとちょっと!国道を渡るとき、青信号の点滅で、駆け出すわたし、お取り込み中なんです、ダダダ駆け出す、駅へ!・・・しかし、もだえている最中に走るのは実にいけないことです、あやうい蓋が、飛び出すかもしれない気分に・・・なりつつ、まあ、ほんとのところはけっこう余裕で生還しました・・・・なんて。東京はあちこちにトイレがあって本当に有り難いですね。用をすませたあとの、あの、頭も身体もからっぽになっている感じ、もうこれで背負っているものはないぞという、あの、気分・・・・罰を受けました、いけないことは精算されました、という、気分・・・・。

明日も微妙にお仕事、ありがたいでよね。がんばります。G痢きませんように・・・。